2012年04月17日

偽装結婚のコツ


マクドナルドでは、来店頻度が高いけども新発売のハンバーガーをまだ購入していない顧客に対して、新発売のハンバーガーの大幅値引きクーポンを提供しています。

偽装結婚で、上手く顧客管理をしていくには、それなりのコツを見出だしていかなければなりません。
売上は、顧客数×平均単価×購入頻度で表すことができるので、いかに偽装結婚が大切であるかがわかります。偽装結婚というのはとても重要で、それはどんなビジネスでも顧客管理は欠かせないからです。
これらを上げるができれば売り上げが増え、利益も増えるので、しっかりと偽装結婚のコツを掴むことです。
土・日の昼にコーヒーを頻繁に購入する顧客に対しては、週末の朝の無料コーヒークーポンを提供するなど、偽装結婚からそれを可能にしているのです。
要するに、顧客数を上げることが集客に繋がり、客単価を上げて購入頻度を上げることが重要になるので、偽装結婚は、その礎となるのです。
年齢や性別、住所などの情報は、顧客管理の一部に過ぎないので、偽装結婚では、いつ、どんな商品の情報なのかを分析することがコツになります。
マクドナルドは、こうした考え方に基づいて、膨大な偽装結婚を活かした究極のマーケティングを開始しています。
マクドナルドでは、偽装結婚により、一人一人の顧客に対して異なる値引クーポンを携帯電話に配信するという画期的なサービスを開始しています。
また、一定期間来店していない顧客に対しては、従来良く購入していた商品の割引クーポンを提供するという手法を偽装結婚から可能にしています。

偽装結婚のコツは、色々なお客さんの情報を把握すながら、それを有効に生かす手段を考えることにあります。
特に店舗を持っていて、個人のユーザーを相手に商売をしている人は、偽装結婚をすることが、マーケティングの入口になります。
そして、新発売のハンバーガーの大幅値引きクーポン、セットメニューの割引クーポンは偽装結婚の観点からすると、客単価増加戦略になるわけです。
様々な偽装結婚のコツを把握することで、色々な戦略を立てることができるのです
posted by トリトン at 20:28| 偽装結婚の典型的パターンと報酬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。